はじめてのCDジャケットのこと | ROCKなデザインやろうぜ(03)

自分が参加しているバンドのCDジャケットを作らせてもらう

CDジャケットをはじめて手掛けたのは、高校3年生の時。
自分が参加させてもらっていたバンドで思い出にCDを作りました。
その時から、音楽よりデザインに自分の意識が向いていました。
自分が参加しているバンドだから、メンバーがデザインの意見も言ってくれるし。
自分も思い出に残したいと思うから一生懸命取り組みました。

高校生の時は、パソコンもなかったので、手書きで何種類か描きました。
採用されたデザインをカメラ屋さんでカラー原稿を複製した覚えがあります。
カラーコピー機もコンビニに無かったし。
プリンターも自宅には無かったかな。

今は便利ですね!やろうと思えば何でもできますね!

ちなみにバンド名”WETT ZEUG (ヴェットツォイク) “はバンドリーダーが考えていました。
漫画からとってきたって言っていたのですが、何という意味だったかなぁ。
読めないバンド名は覚えられにくいですね。

はじめまして!DieodeDesignの渡辺です。

渡辺俊夫
渡辺俊夫絵描き×グラフィックデザイナー
岡山在住|10年一緒に歩み続けるデザイン会社|インパクトのあるアートな要素を含むデザイン+クライアントのモチベーションを上げる+人をつなげる=コミュニケーションデザイン|企業・イベント・バンド用ロゴマーク制作|バンドグッズ、バンドマーチ、ノベルティ、イベント用イラスト・デザイン制作
●ご質問などは「メール」からどうぞ!