イラストも描けるデザイナーになる | BANDのデザインやろうぜ(08)

初めてのバンドTシャツ制作

20代はじめ、イラストレーターとして、自分の絵のタッチやスタイルを確立できていなかった僕は、まずはデザイナーとして制作実績を積み重ねることに没頭していきました。直接イラストの依頼はこなくても、自分の趣味として絵を描き、デザインフェスタをはじめアートイベントへの参加は続けていました。そんな中で、デザイナーとして仕事を受けて、イラストを自主的に手がけてそれがバンド物販への提案になった例です。

●バンドの定番商品をつくることができた。
→CDやツアーに関係なく常時販売できるものができた。

●バンドのキャラクターを作らせてもらえた。
→ロゴなどはすでにバンドさんで決まったものがあることが多いですが、キャラクターは持っていない場合があるなと思いました。

●デザイナーとして案件を受注できて、さらにイラストの仕事もできた。
→イラスト素材を自分で作ることで、上手下手は関係なく、イラストの仕事も経験を積み重ねていけた。

●1色のイラストはTシャツにしやすい。
→シルク印刷でTシャツを作っていたので単色で制作できるとバンドさんも制作費が抑えることができた。

●物販目当てにお客様がきた。
→後にバンドさんから聞いた話ですが、このTシャツめちゃくちゃ売れたらしいです。『うちのバンドのファンじゃない子も、Tシャツだけ買いにきた』と。

●アー写を使わずにフライヤー制作することで個性がでる。
→バンドのイメージをイラストやグラフィックで表現していくことで、より僕が制作したもの”らしさ”がでてくると思いました。

はじめまして!岡山の渡辺です。

渡辺俊夫
渡辺俊夫バンドのデザインがしたい人向けアドバイザー
岡山在住|獅子舞暦14年・2020.1.5 アニメ「サザエさん」にゲスト出演|2児の子育て中|10年一緒に歩み続けるデザイン会社 DieodeDesign|ロゴマーク・イラスト・キャラクター制作を夫婦デザイナーが担当(夫は岡山県岡山市出身・妻は岩手県遠野市出身)します|ウツ抜け経験あり|メジャー・インディーズで活動するバンド・アーティスト・アイドル・DJへのデザイン(ロゴマーク/イラスト/キャラクター/バンドマーチ/CDジャケット/各種印刷物)を約20年提供してきて思ったことなど書いています。
●ご質問などは「メール」からどうぞ!